導入事例/活用方法

成蹊大学様 ~DTEN MEを活用したハイブリッド授業~

今回は『DTEN ME』をご導入いただきました、成蹊大学様をご紹介します。

ゼミや語学など、双方向のコミュニケーションを要する講義において、Zoom Roomsを利用しオンラインと対面を両立したハイブリッド授業用の設備としてご活用いただいています。

学校において、授業以外にもゼミや研究室でのDTENの使用例や問い合わせも増えてきております。

以下URL(問い合わせフォーム)より、無償のデモ機貸し出しを行っておりますので是非ご検討ください。https://hakuto-dten.jp/contact/

成蹊大学ご担当者様のコメント:

本学では、コロナ禍においても段階的に対面授業を再開しましたが、様々な理由により遠隔での受講を希望する学生が少なくなく、対面とオンラインの両方の受講生に向けての授業が必要となりました。

当初は『PC・カメラ・スピーカーマイクの3点セット』の貸出しにて運用していましたが、重い・手間がかかる・集音性能が不安定などの意見が相次ぎ、苦慮していました。

MEはZoom専用のディスプレイとカメラ、マイク、スピーカーが一体となっており、授業担当者はミーティングIDを持っていくだけでハイブリッド授業を実施できるようになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加